とある芸能人にキャバ嬢として呼ばれる新宿の高級デリヘル嬢

  • 投稿日:
  • by

眠らない街、新宿で昼間に寝ている美和です。私は、夜から朝方にかけて活動しているので、なんだかドラキュラみたいですね。血は吸ったりしませんが、お客さんの乳首やおちんちんは、チューチュー吸いますよ。

ちょっと子供っぽいことを書いてしまいましたが、美和は、高級デリヘル店で働いています。バック率や私の取り分は、同じお店でも嬢によって違うのでナイショですが、サービス単価は、同じなので教えますね。90分4万5千円です。指名料は、別途5千円。ちょっといい値段ですよね。おかげでいい生活させてもらってます。

美和は、目的があってデリヘル嬢をしています。ブランド物を買い漁ったり、ホストクラブで散財するためではありませんよ。高級デリヘルで働く以上、身だしなみには、それなりにお金をかけていますが。で、その目的ですか? 教えられませーん! 残念でした。

その代り、変わったお客さんの話をしますね。あ、当人ってバレると、私、抹殺されちゃうので、ぼかして書きますね!

そのお客さんって言うのは、すっごい有名な芸能人なんです。でも、外で派手に遊んだら、週刊誌やらテレビやらに取り上げられて、とんでもない大騒ぎになっちゃうので、自宅にキャバクラを作っちゃってるんです! たぶん100畳くらいあるようなものすごく大きなリビングに、ほんと本物みたいに、カウンターやら、ソファやら、テーブルやらがあるのです。集められた女の子は、20人くらい。ないのは、男性客だけ。そう、お客は、彼ひとりだけなんです。で、女の子が、10分おきくらいに彼の席に行って、お酒を飲みながらお喋りするのです。

ね? まんまキャバクラでしょ。でもね、だったら、普通のキャバ嬢でいいじゃん!って話なんだけど、彼は、女の子を口説いて、お持ち帰りしたいわけです。ま、自宅だから、お持ち帰りじゃなくって、その場でいただいちゃうってわけだけど。それはさておき、そんな役回りだから、女の子は、デリヘル嬢じゃなきゃダメなわけです。また、彼は、ものすごい面食いだから、そんじょそこらのデリヘル嬢じゃ、即行「帰れ!」って号令がかかっちゃうっていう。だから、あちこちの高級デリヘル店の女の子が集められると言うわけです。

で、私が彼のテーブルにつく番が、刻々と近づいてきました。「いよいよだわ。いただきますって言われたらどうしよう!?」って思っていたら、目の前の女の子を連れて、別室に消えてしまいました。はい、お仕事終了です! んー、何も仕事らしい仕事してないわ、私。時間給は、しっかりいただいていますけど。ま、朝まで飲んで、始発で帰ろうっと!